日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「デヴィッド・ボウイ-変幻するカルト・スター」 野中モモ著

 昨年、新アルバム「★(ブラックスター)」発表直後、69歳でこの世を去った希代のスーパースターの評伝。

 ロンドン郊外で育ったボウイは、17歳で自ら実業家に売り込みの手紙を書き、1964年にバンドでレコードデビュー。66年にソロに転向するがなかなかアルバムが売れず、69年「スペイス・オディティ」のヒットで、ようやくその名が知られるようになる。

 ドラッグやセックスにまみれ、中性的な装いで退廃的な世界観を体現したボウイは翌年、「世界を売った男」を発表。そして72年には架空の異星人ロックスター「ジギー・スターダスト」のキャラクターに自らを重ね合わせ、世界を熱狂させる。

 常に時代の最先端を走り、変幻していったその創造の旅を追う。(筑摩書房 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事