「東芝 大裏面史」FACTA編集部著

公開日:

 2006年、東芝は米国の原子炉メーカー、ウェスチングハウスを約54億ドルで買収した。ライバルの三菱重工と違って加圧水型炉の蒸気発生器の技術をもたない東芝が巨額の買収に踏み切ったのは、当時、経産省が原発輸出で国を繁栄させる〈原発ルネサンス〉という政策を取っていたからだ。

 だが、3.11の原発事故などで東芝は経営危機に陥った。それなのに上場廃止もしない背景には、日米原子力協定がある。この協定により、核拡散防止条約締結国である日本が非核兵器保有国であるのにプルトニウムを貯蔵できるのだが、来年はその協定の期限を迎える。

 東芝と経産省の癒着の実態に肉薄する一冊。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る