• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「東芝 大裏面史」FACTA編集部著

 2006年、東芝は米国の原子炉メーカー、ウェスチングハウスを約54億ドルで買収した。ライバルの三菱重工と違って加圧水型炉の蒸気発生器の技術をもたない東芝が巨額の買収に踏み切ったのは、当時、経産省が原発輸出で国を繁栄させる〈原発ルネサンス〉という政策を取っていたからだ。

 だが、3.11の原発事故などで東芝は経営危機に陥った。それなのに上場廃止もしない背景には、日米原子力協定がある。この協定により、核拡散防止条約締結国である日本が非核兵器保有国であるのにプルトニウムを貯蔵できるのだが、来年はその協定の期限を迎える。

 東芝と経産省の癒着の実態に肉薄する一冊。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

もっと見る