「東芝 大裏面史」FACTA編集部著

公開日:

 2006年、東芝は米国の原子炉メーカー、ウェスチングハウスを約54億ドルで買収した。ライバルの三菱重工と違って加圧水型炉の蒸気発生器の技術をもたない東芝が巨額の買収に踏み切ったのは、当時、経産省が原発輸出で国を繁栄させる〈原発ルネサンス〉という政策を取っていたからだ。

 だが、3.11の原発事故などで東芝は経営危機に陥った。それなのに上場廃止もしない背景には、日米原子力協定がある。この協定により、核拡散防止条約締結国である日本が非核兵器保有国であるのにプルトニウムを貯蔵できるのだが、来年はその協定の期限を迎える。

 東芝と経産省の癒着の実態に肉薄する一冊。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る