「立身いたしたく候」梶よう子著

公開日:  更新日:

 商家の5男に生まれた留吉は、跡取りを探していた貧乏御家人・野依家の婿養子となり、駿平を名乗る。病弱の養父・孫右衛門は、無役無勤の者が属する小普請組で、一度も働いたことがない。かつて野依家では徒目付組頭まで昇進した先祖がいるらしく、養母の吉江は駿平にまずは将軍の警護をする「徒」を目指すよう武芸の稽古をつけられる。

 1年後、武家の作法や決まり事を身につけた駿平は、お役を求めて小普請支配の片桐家に出向く。その日は、支配との面会が許されている「逢対日」で、早朝にもかかわらず、片桐家の門前にはお役を求める武士らで行列ができていた。

 幼馴染みの智次郎とともに御番入り(お役に就くこと)を目指す駿平の奮闘を描く時代お仕事小説。

 (講談社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る