• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「立身いたしたく候」梶よう子著

 商家の5男に生まれた留吉は、跡取りを探していた貧乏御家人・野依家の婿養子となり、駿平を名乗る。病弱の養父・孫右衛門は、無役無勤の者が属する小普請組で、一度も働いたことがない。かつて野依家では徒目付組頭まで昇進した先祖がいるらしく、養母の吉江は駿平にまずは将軍の警護をする「徒」を目指すよう武芸の稽古をつけられる。

 1年後、武家の作法や決まり事を身につけた駿平は、お役を求めて小普請支配の片桐家に出向く。その日は、支配との面会が許されている「逢対日」で、早朝にもかかわらず、片桐家の門前にはお役を求める武士らで行列ができていた。

 幼馴染みの智次郎とともに御番入り(お役に就くこと)を目指す駿平の奮闘を描く時代お仕事小説。

 (講談社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る