「立身いたしたく候」梶よう子著

公開日:  更新日:

 商家の5男に生まれた留吉は、跡取りを探していた貧乏御家人・野依家の婿養子となり、駿平を名乗る。病弱の養父・孫右衛門は、無役無勤の者が属する小普請組で、一度も働いたことがない。かつて野依家では徒目付組頭まで昇進した先祖がいるらしく、養母の吉江は駿平にまずは将軍の警護をする「徒」を目指すよう武芸の稽古をつけられる。

 1年後、武家の作法や決まり事を身につけた駿平は、お役を求めて小普請支配の片桐家に出向く。その日は、支配との面会が許されている「逢対日」で、早朝にもかかわらず、片桐家の門前にはお役を求める武士らで行列ができていた。

 幼馴染みの智次郎とともに御番入り(お役に就くこと)を目指す駿平の奮闘を描く時代お仕事小説。

 (講談社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る