• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「父子ゆえ」梶よう子著

 浮世絵の摺師、安次郎の長屋に、5年前に死んだ女房の兄がやってきた。祖父母の元に預けていた息子の信太が親指を骨折して熱を出したというのだ。

 あわてて駆けつけた安次郎は、浮世絵の彫師になりたいと言っていた信太の将来を案じたが、そこへ弟分の直助が訪ねてきて、絵師が描いた役者絵が似ていないと、役者が文句を言ってもめているという。

 回復した信太を連れて長屋に戻った安次郎は、問題の役者絵を見て、絵師が女形の一瞬の表情を切り取ろうとしたことを見てとった。役者絵は師匠の国貞が描き直すことになり、彫りと摺りを任された伊之助と安次郎は一計を案じる。

 摺師の誇りと親子の情愛を描く3編の連作。(角川春樹事務所 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る