「父子ゆえ」梶よう子著

公開日:  更新日:

 浮世絵の摺師、安次郎の長屋に、5年前に死んだ女房の兄がやってきた。祖父母の元に預けていた息子の信太が親指を骨折して熱を出したというのだ。

 あわてて駆けつけた安次郎は、浮世絵の彫師になりたいと言っていた信太の将来を案じたが、そこへ弟分の直助が訪ねてきて、絵師が描いた役者絵が似ていないと、役者が文句を言ってもめているという。

 回復した信太を連れて長屋に戻った安次郎は、問題の役者絵を見て、絵師が女形の一瞬の表情を切り取ろうとしたことを見てとった。役者絵は師匠の国貞が描き直すことになり、彫りと摺りを任された伊之助と安次郎は一計を案じる。

 摺師の誇りと親子の情愛を描く3編の連作。(角川春樹事務所 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る