「ヨイ豊」梶よう子著

公開日:  更新日:

 元治2(1865)年如月、亀戸村の光明寺で三代歌川豊国の七十七日法要が営まれる。広重も、国芳も既に他界。豊国の弟子で娘婿でもある二代目國貞こと清太郎は、版元らが大看板の豊国を失った歌川一門の去就を案じていることを痛感する。

 師匠は生前、清太郎を評して、根が真面目で、裏がないが、絵師としては面白くないと常々言っていた。自分でもそのことは痛感している。一方の弟弟子・八十八は、素行はでたらめだが、絵の才だけは天賦のものがあり、清太郎も認めざるを得ない。周囲は清太郎が豊国を継ぐと期待するが、清太郎にその気はない……。

 黒船来航から12年、幕末の江戸で滅びゆく一門と浮世絵を守ろうとする男たちの夢と意地の戦いを描く長編時代小説。(講談社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る