• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヨイ豊」梶よう子著

 元治2(1865)年如月、亀戸村の光明寺で三代歌川豊国の七十七日法要が営まれる。広重も、国芳も既に他界。豊国の弟子で娘婿でもある二代目國貞こと清太郎は、版元らが大看板の豊国を失った歌川一門の去就を案じていることを痛感する。

 師匠は生前、清太郎を評して、根が真面目で、裏がないが、絵師としては面白くないと常々言っていた。自分でもそのことは痛感している。一方の弟弟子・八十八は、素行はでたらめだが、絵の才だけは天賦のものがあり、清太郎も認めざるを得ない。周囲は清太郎が豊国を継ぐと期待するが、清太郎にその気はない……。

 黒船来航から12年、幕末の江戸で滅びゆく一門と浮世絵を守ろうとする男たちの夢と意地の戦いを描く長編時代小説。(講談社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る