「ヨイ豊」梶よう子著

公開日: 更新日:

 元治2(1865)年如月、亀戸村の光明寺で三代歌川豊国の七十七日法要が営まれる。広重も、国芳も既に他界。豊国の弟子で娘婿でもある二代目國貞こと清太郎は、版元らが大看板の豊国を失った歌川一門の去就を案じていることを痛感する。

 師匠は生前、清太郎を評して、根が真面目で、裏がないが、絵師としては面白くないと常々言っていた。自分でもそのことは痛感している。一方の弟弟子・八十八は、素行はでたらめだが、絵の才だけは天賦のものがあり、清太郎も認めざるを得ない。周囲は清太郎が豊国を継ぐと期待するが、清太郎にその気はない……。

 黒船来航から12年、幕末の江戸で滅びゆく一門と浮世絵を守ろうとする男たちの夢と意地の戦いを描く長編時代小説。(講談社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る

人気キーワード