「花しぐれ」梶よう子著

公開日:

「御薬園同心 水上草介」と副題のついた小説だが、人気シリーズ最終巻と帯にあるのでびっくり。もう終わるのか。

 このシリーズは、徳川幕府が薬草栽培と御城で賄う生薬の精製をする施設、小石川御薬園を舞台にした連作である。

 ちなみに、この小石川御薬園内には困窮のために薬袋料を支払えぬ者や、身寄りのない重病人を収容する養生所もあり、ここを舞台にしたのが山本周五郎「赤ひげ診療譚」だ。この養生所は本書にも登場し、蘭方医河島仙寿が今回は大活躍する。

 副題にあるように、主人公は水上草介。植物に触っていればそれだけで幸せという男で、手足がひょろ長く、吹けば飛ぶような体なので、周囲からは水上でもなく草介でもなく、水草と呼ばれている。もっともそう呼ばれても本人はまったく気にしていない。

 はなはだ頼りない男で、草食系男子といっていいが、この男の周囲に起こるささいな謎や悩みや騒動を、それなりに解決していく連作である。これまでに「柿のへた」「桃のひこばえ」と、2作書かれていて本書が3作目。たった3作でシリーズ終了とは残念だ。

 御薬園預かりの武家の娘千歳(剣術道場に通うおてんばで、若衆まげで颯爽と歩く姿がりりしい)を、草介は憎からず思っているのだが、これまで告白できなかったのに、たった1巻で告白までこぎつけることはできるのか、大いに気を揉むのである。(集英社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る