「花しぐれ」梶よう子著

公開日: 更新日:

「御薬園同心 水上草介」と副題のついた小説だが、人気シリーズ最終巻と帯にあるのでびっくり。もう終わるのか。

 このシリーズは、徳川幕府が薬草栽培と御城で賄う生薬の精製をする施設、小石川御薬園を舞台にした連作である。

 ちなみに、この小石川御薬園内には困窮のために薬袋料を支払えぬ者や、身寄りのない重病人を収容する養生所もあり、ここを舞台にしたのが山本周五郎「赤ひげ診療譚」だ。この養生所は本書にも登場し、蘭方医河島仙寿が今回は大活躍する。

 副題にあるように、主人公は水上草介。植物に触っていればそれだけで幸せという男で、手足がひょろ長く、吹けば飛ぶような体なので、周囲からは水上でもなく草介でもなく、水草と呼ばれている。もっともそう呼ばれても本人はまったく気にしていない。

 はなはだ頼りない男で、草食系男子といっていいが、この男の周囲に起こるささいな謎や悩みや騒動を、それなりに解決していく連作である。これまでに「柿のへた」「桃のひこばえ」と、2作書かれていて本書が3作目。たった3作でシリーズ終了とは残念だ。

 御薬園預かりの武家の娘千歳(剣術道場に通うおてんばで、若衆まげで颯爽と歩く姿がりりしい)を、草介は憎からず思っているのだが、これまで告白できなかったのに、たった1巻で告白までこぎつけることはできるのか、大いに気を揉むのである。(集英社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る