「花しぐれ」梶よう子著

公開日: 更新日:

「御薬園同心 水上草介」と副題のついた小説だが、人気シリーズ最終巻と帯にあるのでびっくり。もう終わるのか。

 このシリーズは、徳川幕府が薬草栽培と御城で賄う生薬の精製をする施設、小石川御薬園を舞台にした連作である。

 ちなみに、この小石川御薬園内には困窮のために薬袋料を支払えぬ者や、身寄りのない重病人を収容する養生所もあり、ここを舞台にしたのが山本周五郎「赤ひげ診療譚」だ。この養生所は本書にも登場し、蘭方医河島仙寿が今回は大活躍する。

 副題にあるように、主人公は水上草介。植物に触っていればそれだけで幸せという男で、手足がひょろ長く、吹けば飛ぶような体なので、周囲からは水上でもなく草介でもなく、水草と呼ばれている。もっともそう呼ばれても本人はまったく気にしていない。

 はなはだ頼りない男で、草食系男子といっていいが、この男の周囲に起こるささいな謎や悩みや騒動を、それなりに解決していく連作である。これまでに「柿のへた」「桃のひこばえ」と、2作書かれていて本書が3作目。たった3作でシリーズ終了とは残念だ。

 御薬園預かりの武家の娘千歳(剣術道場に通うおてんばで、若衆まげで颯爽と歩く姿がりりしい)を、草介は憎からず思っているのだが、これまで告白できなかったのに、たった1巻で告白までこぎつけることはできるのか、大いに気を揉むのである。(集英社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る