北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日:  更新日:

 書の師匠、巻菱湖が雪江の指南所にやってきて、雪江の教え子たちの前で筆を執るシーンがある。

 書くのはその日のお題である「禮」という字。いつもは酔っぱらっている菱湖だが、紙へ向かうと姿勢が変わり、ぴりぴりとした気迫が伝わってくる。ふっと、菱湖が息を抜いた瞬間、紙の上に浮かび上がるように、舞い降りるように、優しい水の流れにも似た「禮」の文字が現れる。雪江の教え子の中でいちばん生意気な卯美が素直に「きれい」と感嘆するほど、それは気品ある優美な字であった。書もまんざらではない、と思う瞬間である。こういう細部が素晴らしい。

 江戸時代後期、嫁ぎ先から離縁された女流書家・岡島雪江が筆法指南所(書道教室)を始める話である。なぜ自分は離縁されたのかという思いを背景に、教え子たちのさまざまなドラマを連作ふうに描いていく。

「一朝の夢」で松本清張賞を受賞して2008年にデビューしてから10年。梶よう子はただいま絶好調なので(いや、以前から傑作を書き続けている作家なのだが、最近はそれを高い水準でキープ)、今回もたっぷりと読ませて飽きさせない。ホントにうまい。特に、美形でありながら、頼りなく落ちつかない弟・新之丞のキャラがいい。

 梶よう子はいくつかのシリーズを持ち、それらのどのシリーズも新刊が待ち遠しいという稀有な作家で、これもぜひシリーズ化を望みたいが、はたしてどうか。

 (幻冬舎 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る