「TIGERWORDS」舩越園子著

公開日: 更新日:

 タイガー・ウッズはプロになる前から故障を抱えていた。2008年全米オープンの時は左膝損傷のままプレーし、クラブを杖代わりにしてバンカーから這い出すという状態で優勝した。

 だが、15年にヘルニアの手術を繰り返し受けた後は、復帰の見通しは立たなかった。

「トンネルの向こう側に光が見えない」というウッズの言葉は、引退を示唆したものと受け止められた。

 ウッズがその後、ゴルフコースの設計監修に明け暮れたことが、その見方に拍車を掛けた。しかし翌年、ウッズは「自分らしくあれ。自分の世界に居続けるんだ」というメッセージをライバルに送る。

 壁にぶち当たった時に読みたい、タイガー・ウッズの48のメッセージ。

 (徳間書店 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る