「犯罪者」ジム・トンプスン著、黒原敏行訳

公開日:

 ボブは、学校をサボってゴルフ場にバイトに行こうとした。足がすべって川に落ち、靴が濡れたので乾かしていると、幼なじみのジョージーがやってきて、知らない男の車に乗ってひどいことをされた話をした。そして両親の寝室から盗んできたアレをボブに見せて、2人で洞窟に入った。

 後日、新聞に14歳の少女の強姦殺人事件の記事が載った。たった8行の記事だったが、新聞社を牛耳る大尉は主筆に、見開きページにイラスト付きの記事にすべきだと指示した。特集記事を任されたウィリスは、容疑者の少年をこん棒代わりにしてライバル紙をぶん殴ってやりたいと考えた。

 15歳の少年を巻き込んだスキャンダラスな報道を描く犯罪小説。

(文遊社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る