「汝よさらば(二)」門田泰明著

公開日: 更新日:

 天下無双の絵師として名高い宗次は、掛け軸の打ち合わせで大身旗本の屋敷を訪ねるために正装、帯刀する。その姿を見た長屋のチヨに侍だと見破られた宗次は、徳川家筆頭尾張藩の2代目藩主・光友が父親だという出自を打ち明ける。チヨの娘を連れて外出した宗次は、出先で刺客に襲われる。

 同じころ、譜代田賀藩の中老・廣澤和之進は、紀州藩の飛び地松坂の地で打貫流小太刀指南、蒲生慎次郎高行に弟子入りし、宿敵の宗次を倒すべく修行に励む。後日、家光の甥・松平長七郎長頼を訪ねた宗次は、体調を崩している4代様(家綱)が宗次に会いたいと言っていると伝えられる。長七郎に促されるまま、その足で登城した宗次は、家綱の言葉に絶句する。

「浮世絵宗次日月抄」シリーズの新章第2弾。

(祥伝社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る