「お茶壺道中」梶よう子著

公開日: 更新日:

 宇治で生まれ育った仁吉は、日本橋の森山園という葉茶屋に奉公している。毎年、将軍に献上する宇治茶が運ばれてきて、初夏のころ江戸に着くのだが、そのお茶壺道中を見るのが何よりの楽しみだ。大旦那の太兵衛は仕事熱心な仁吉をかわいがり、元服させて仁太郎と名付けた。

 若衆に昇格した仁太郎は、ある日、太兵衛のお供で旗本の阿部正外の屋敷に向かう。横浜にできる港のことが話題になったとき、仁太郎は、異国の者がお茶を求めるか尋ねて、清国では茶葉がきっかけで戦争が起きたことを教えられて驚く。太兵衛の孫娘のお徳は仁太郎につらく当たったが、才覚のある仁太郎はやがて店を任されることに。

 日本一の葉茶屋を目指す男を描く時代小説。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る