「お茶壺道中」梶よう子著

公開日: 更新日:

 宇治で生まれ育った仁吉は、日本橋の森山園という葉茶屋に奉公している。毎年、将軍に献上する宇治茶が運ばれてきて、初夏のころ江戸に着くのだが、そのお茶壺道中を見るのが何よりの楽しみだ。大旦那の太兵衛は仕事熱心な仁吉をかわいがり、元服させて仁太郎と名付けた。

 若衆に昇格した仁太郎は、ある日、太兵衛のお供で旗本の阿部正外の屋敷に向かう。横浜にできる港のことが話題になったとき、仁太郎は、異国の者がお茶を求めるか尋ねて、清国では茶葉がきっかけで戦争が起きたことを教えられて驚く。太兵衛の孫娘のお徳は仁太郎につらく当たったが、才覚のある仁太郎はやがて店を任されることに。

 日本一の葉茶屋を目指す男を描く時代小説。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る