「てらこや 青義堂 師匠、走る」今村翔吾著

公開日: 更新日:

 日本橋南松川町に寺子屋「青義堂」を開いた坂入十蔵は小旗本の次男だ。公儀隠密を務める家で兄の片腕として仕事をしていたが、明和2(1765)年から寺子屋で子供たちを教えている。7年経った頃、寺子屋で学ぶ筆子の吉太郎らが伊勢神宮にお蔭参りに行くというので、十蔵も同行することに。

 ところが赤坂宿に着いたところへ、飼い犬の時丸が追ってきた。首に「お蔭参り」と書いた袋をくくりつけていたが、袋の縫い目を切ると密書が隠されていた。兄からの手紙で、敵対する忍びの一団「宵闇」が将軍暗殺を企て、坂入家を無力化するために十蔵の別れた妻を狙っているらしい。(第6章)

 元隠密と寺子屋の筆子たちが活躍する時代小説。

(小学館 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る

人気キーワード