「てらこや 青義堂 師匠、走る」今村翔吾著

公開日: 更新日:

 日本橋南松川町に寺子屋「青義堂」を開いた坂入十蔵は小旗本の次男だ。公儀隠密を務める家で兄の片腕として仕事をしていたが、明和2(1765)年から寺子屋で子供たちを教えている。7年経った頃、寺子屋で学ぶ筆子の吉太郎らが伊勢神宮にお蔭参りに行くというので、十蔵も同行することに。

 ところが赤坂宿に着いたところへ、飼い犬の時丸が追ってきた。首に「お蔭参り」と書いた袋をくくりつけていたが、袋の縫い目を切ると密書が隠されていた。兄からの手紙で、敵対する忍びの一団「宵闇」が将軍暗殺を企て、坂入家を無力化するために十蔵の別れた妻を狙っているらしい。(第6章)

 元隠密と寺子屋の筆子たちが活躍する時代小説。

(小学館 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  10. 10

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る