「お家あげます」沖田正午著

公開日: 更新日:

 開店休業中の女優・亜矢子のLINEに美樹と名乗る人物から「お家、もらっていただけますでしょうか?」とのメッセージが届く。不審を抱く亜矢子だが、美樹が半年前に浅草の料理屋で出会った女性だと思い出す。美樹は、亜矢子の夫で時代小説家の仁一郎に気づき、声をかけてきたのだ。

 美樹の祖父の清吉が仁一郎の大ファンだと話していた。家は半月前に亡くなった清吉が住んでいた家で、譲渡は清吉の遺志だという。ネットで家の画像を見た亜矢子は乗り気だが、仁一郎は半信半疑。そんな矢先、仁一郎にがんが見つかり入院手術することになった。2人は、治療費や当座の生活資金を工面するため家を手に入れたらすぐに売却しようと算段するのだが……。

 時代小説家の著者が初めて挑んだ現代小説。

(実業之日本社 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る

人気キーワード