「お家あげます」沖田正午著

公開日: 更新日:

 開店休業中の女優・亜矢子のLINEに美樹と名乗る人物から「お家、もらっていただけますでしょうか?」とのメッセージが届く。不審を抱く亜矢子だが、美樹が半年前に浅草の料理屋で出会った女性だと思い出す。美樹は、亜矢子の夫で時代小説家の仁一郎に気づき、声をかけてきたのだ。

 美樹の祖父の清吉が仁一郎の大ファンだと話していた。家は半月前に亡くなった清吉が住んでいた家で、譲渡は清吉の遺志だという。ネットで家の画像を見た亜矢子は乗り気だが、仁一郎は半信半疑。そんな矢先、仁一郎にがんが見つかり入院手術することになった。2人は、治療費や当座の生活資金を工面するため家を手に入れたらすぐに売却しようと算段するのだが……。

 時代小説家の著者が初めて挑んだ現代小説。

(実業之日本社 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る