• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
著者のコラム一覧
村本大輔(ウーマンラッシュアワー)

1980年11月25日生まれ。お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」のボケ担当。2008年に中川パラダイスとコンビ結成。「THE MANZAI 2013」で優勝。自他共に認める「クズキャラ」で、ツイッターでの発言にはファンからの声援とアンチからの罵声が常に浴びせられ、炎上続きで知られる。

<1>旭化成の謝罪会見 “失言”を恐れて言葉を選びすぎてる

謝罪会見に一番悪いやつは出てこない。そいつは“イヒ!”と笑ってます

 毒舌と挑発的な口調でおなじみの「ウーマンラッシュアワー」村本大輔(35)。テレビやラジオで過激な発言をすればネット上で即炎上。取材では「『ワイドナショー』は前日に勉強してから挑むので、知識とかなくて薄っぺらいこと言ってます、すいません」と謙虚に語ったが、公の場で挑発の手を緩めることはない。

「炎上芸人」とも呼ばれる村本に、2015年のニュースを斬ってもらった。まずは、「傾斜マンション」が発端で業界のずさんな実態が明らかになった旭化成建材のデータ改ざん問題だ――。

■裁判用にああいう顔しろと言われたんでしょう

 取材のお話をいただいたとき、自分なりに調べようと「YouTube」で謝罪会見を見たんです。結果、3時間ワケの分からないことをずっと言ってた。マンションに住んでる人って大人から子供までいるし、その人に対して分かりづらいことばかり言って、めちゃくちゃ不親切やなと。とにかくマスコミに対する裁判対策というか、守りに入った感じがミエミエで、マスコミに何とかつつかれないよう、少しでも失言したらアカンと思って言葉を選びすぎてる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る