「美ボディコンテスト優勝」から「RIZAP復活」まで …増加中の“筋トレグラドル”が魅せるバキバキボディ

公開日: 更新日:

 グラビアアイドルは、かわいくて巨乳でナチュラルな肉付きの子が人気になる傾向がある。もちろん今でもそうだが、最近はストイックに筋トレをする子が急増し、“筋トレグラドル”の人気も高まってきているのだ。

 そのきっかけとなったのが、すでに引退しているが、犬童美乃梨のボディーメークに注目が集まったことではないかと思う。犬童は「美ボディコンテスト」に出場して優勝を飾り、グラビア界のナンバーワン美ボディーといわれるようになった。

 犬童と同じ事務所に所属していた橋本梨菜や葉月あやも筋トレに励むように。次第にストイックなトレーニングをするグラドルが増え、これまでのボディーメークを覆すようなやり方に注目が集まるようになった。

 一方、東雲うみは、筋トレ動画で大バズリ。これまでガンダムのプラモデルを作るような“地味なオタク”というキャラだった東雲が、自身のユーチューブチャンネルで、「桃ヒップの作り方」という動画を公開。ヒップを美しく鍛えるためのエクササイズで、スクワットや大腿部の上げ下げをする運動をして、胸元のざっくり開いたスポーツウエアに、タイトなスエット姿を披露すると、再生回数がこれまでと比べものにならないほど伸びた。

 デビュー前に水泳のインストラクターをやっていた風吹ケイの筋トレもハンパない。当時から筋トレは日課にしていたそうだが、今ではJカップのバスト+シックスパックの腹筋のギャップに注目が集まるようになり、多くのファンを魅了している。

 近年は犬童のようにコンテストに出場するグラドルも増えている。ぱつこ、奈月セナらが出場して、美をアピールしている。かつてグラビアで一世を風靡した愛川ゆず季もプロレスラーを経て、結婚出産してから「ベストボディジャパン」に出場して優勝を果たしている。グラビアの一線から退いても、ますます美を追求してストイックにトレーニングをする姿を見て、今でも新たなファンも増えているそうだ。

 さらに筋トレグラドルで、今もっとも注目なのはロリ巨乳でぽっちゃり系で人気を博した西田麻衣。ここ数年グラビア活動をしていないようだが、この春、RIZAPのCMに登場して、バキバキな体に大変身。すでにグラドルを引退していたと思われていたところもあるが、このCMにより、グラドルファンから西田が再び注目されてきた。筋トレ効果が出た今の姿は、まさに美ボディー。早くCM以外でも見たいところだが、イメージDVDの発売が決定した。

 今後もグラビアとのギャップのあるボディーをつくり上げてくる子も増えてきそうだ。さらに、なかやまきんに君ばりの、ストイックなボディーを引っさげて、グラビアデビューする子も出てくるかもしれない。

■注目の主な「筋トレグラドル」

東雲うみ・ちとせよしの・風吹ケイ・奈月セナ・高橋凛・ぱつこ・くりえみ・大川成美・青山ひかる・橋本梨菜・葉月あや・春野恵・仲原ちえ・鈴木ふみ奈・清瀬汐希・渋谷ゆり・ほのか・愛川ゆず季・庄司ゆうこ・西田麻衣…

(プロアイドルヲタク・ブレーメン大島)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」