2カ月前倒しで最終調整も 就活“6月解禁”に企業が嘆く理由

公開日: 更新日:

 経団連は面接開始などの就職活動日程を現在の8月から、来年は6月に前倒しする方向で最終調整に入ったが、これがまた評判は最悪だ。経団連などは従来の4月面接解禁を今年、8月に変更したばかり。ネコの目解禁日に批判が集中しているうえに、「6月は教育実習、公務員試験とバッティングしている。海外留学中の学生は帰国前だし、いい人材が採れない時期なんです」と企業の人事部は嘆いている。

 ここで考えなければいけないのは、なぜ、8月解禁を変更せざるを得なくなったのか、という点だ。

「今年の日程変更は2013年4月、安倍政権が学生を『学業に専念させるため』と経団連に見直しを求めて決まりました」(人材コンサルタントの常見陽平氏)

 研究や学会などと就活時期が重なり、肝心の学業に専念できないと学校側から不満が噴出していたことが背景にある。しかし、企業側は選考期間が短くなったことで、インターンの名目で青田買いを加速、拡大させた。結局、中小企業は人材確保が難しくなり、エリート以外の未内定者も増えてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る