2カ月前倒しで最終調整も 就活“6月解禁”に企業が嘆く理由

公開日:  更新日:

 経団連は面接開始などの就職活動日程を現在の8月から、来年は6月に前倒しする方向で最終調整に入ったが、これがまた評判は最悪だ。経団連などは従来の4月面接解禁を今年、8月に変更したばかり。ネコの目解禁日に批判が集中しているうえに、「6月は教育実習、公務員試験とバッティングしている。海外留学中の学生は帰国前だし、いい人材が採れない時期なんです」と企業の人事部は嘆いている。

 ここで考えなければいけないのは、なぜ、8月解禁を変更せざるを得なくなったのか、という点だ。

「今年の日程変更は2013年4月、安倍政権が学生を『学業に専念させるため』と経団連に見直しを求めて決まりました」(人材コンサルタントの常見陽平氏)

 研究や学会などと就活時期が重なり、肝心の学業に専念できないと学校側から不満が噴出していたことが背景にある。しかし、企業側は選考期間が短くなったことで、インターンの名目で青田買いを加速、拡大させた。結局、中小企業は人材確保が難しくなり、エリート以外の未内定者も増えてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る