恩恵は一流大生にだけ 「就活バブル」にダマされてはいけない

公開日:  更新日:

 豪華客船で会社説明会、就活生を豪華ディナーに招待――バブル期を彷彿させるエピソードの数々が話題だ。2016年3月卒業予定の大学、大学院生の有効求人倍率は1.73倍と「売り手市場」。企業側は新入社員の確保に躍起になっているように見えるが、ダマされちゃいけない。

 こうした恩恵にあずかれるのは一流大学の学生だけで、中堅以下の学生は例年より厳しい就職戦線を歩んでいる。「就活『後ろ倒し』の衝撃」の著者で、株式会社・人材研究所代表の曽和利光氏はこう言う。

「16年3月卒業予定の学生に対する採用活動が前回より3カ月繰り下げられ、今年3月から開始されたことで、企業側は少ない時間でいい学生をとらなければならなくなりました。そのため、採用活動開始以前から人事担当社員がリクルーターとして動いたり、インターンの場で直接学生と接触するようになった。大企業は旧帝大、早慶、上智レベルの学生に限定して接触を図ります。1部上場企業の新入社員の採用枠は十数万人といわれますが、3月の採用活動開始直後、ほとんどの枠が埋まってしまった。明治、青学、学習院などを含む『GMARCH』や、関西大、同志社などの『関関同立』レベルの学生では、大企業から内定をもらえる可能性は低いでしょう」

「ハワイで入社式」と日経新聞に一面広告を出した会社も耳目を集めたが、こちらは人気がない飲食業。学生は「売り手市場」では決してない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る