• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

恩恵は一流大生にだけ 「就活バブル」にダマされてはいけない

 豪華客船で会社説明会、就活生を豪華ディナーに招待――バブル期を彷彿させるエピソードの数々が話題だ。2016年3月卒業予定の大学、大学院生の有効求人倍率は1.73倍と「売り手市場」。企業側は新入社員の確保に躍起になっているように見えるが、ダマされちゃいけない。

 こうした恩恵にあずかれるのは一流大学の学生だけで、中堅以下の学生は例年より厳しい就職戦線を歩んでいる。「就活『後ろ倒し』の衝撃」の著者で、株式会社・人材研究所代表の曽和利光氏はこう言う。

「16年3月卒業予定の学生に対する採用活動が前回より3カ月繰り下げられ、今年3月から開始されたことで、企業側は少ない時間でいい学生をとらなければならなくなりました。そのため、採用活動開始以前から人事担当社員がリクルーターとして動いたり、インターンの場で直接学生と接触するようになった。大企業は旧帝大、早慶、上智レベルの学生に限定して接触を図ります。1部上場企業の新入社員の採用枠は十数万人といわれますが、3月の採用活動開始直後、ほとんどの枠が埋まってしまった。明治、青学、学習院などを含む『GMARCH』や、関西大、同志社などの『関関同立』レベルの学生では、大企業から内定をもらえる可能性は低いでしょう」

「ハワイで入社式」と日経新聞に一面広告を出した会社も耳目を集めたが、こちらは人気がない飲食業。学生は「売り手市場」では決してない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る