7割が解禁前に内定 「就活後ろ倒し」は正直企業がバカをみた

公開日:  更新日:

 従来より4カ月遅れの8月1日にスタートした就活スケジュールは1日、正式な内定日を迎えた。表向きのゴールとはいえ、企業からも学生からも不満ばかりが聞こえてくる。

「ウチも、経団連の方針に沿って8月から1次面接を行ったのですが、フタを開けてみたら、ほかの会社の内定ホルダーがごろごろいた。しかも、ちょうど面接時期が3年生向けの夏のインターンシップの時期と重なったものだから、指導役の現場の若手と人事はテンヤワンヤ。そのうえ、9月上旬に内々定を出したところ、とっくに行き先が決まっていて逃げられた。“正直者”がバカを見た格好です」(広告代理店人事担当者)

 経団連に属さない外資が例年、優秀な学生を“先取り”するのは有名だが、今年は日本企業でも掟破りが相次いだのだ。「リクルートキャリア」の調査によると、8月1日の解禁日前の内定率は65%に上る。昨年の4月1日の解禁日は19%だったから、今年の解禁破りの割合はすごい。首都圏の私立大就活担当者がこう漏らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る