世界遺産に決定の沖ノ島 地元が8資産認定を求めた理由

公開日: 更新日:

 福岡県宗像市の沖ノ島がユネスコの世界遺産に認められ、ビッグニュースになっている。正式名称は「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」で、計8資産が認められた格好だ。

 沖ノ島は玄界灘に浮かぶ小さな島で、近くに「小屋島」など3つの岩礁がある。今年5月、ユネスコの諮問機関「イコモス」は沖ノ島と岩礁の4資産のみを認め、宗像大社など4資産を除外する条件付き勧告を出した。それを宗像市など日本側がユネスコ代表部などを通じて一括登録するよう働きかけた。その甲斐あって8資産すべてが認められたわけだ。

 このニュースに旅行業界も期待している。「西鉄旅行」(本社・福岡市)では国内推薦候補となった一昨年、宗像大社などを回る日帰りバスツアーを企画した。

「料金は7980円で、冬だったせいか催行率は2割止まりでした。世界遺産と認められ、この夏は本格的にお客さんが集まると期待しています」(商品企画部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る