• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前年比82%増? ギリシャに日本人旅行客殺到のナゼ

 JTB「2017年夏休みの旅行動向」によると、7月15日~8月31日の国内旅行は前年比0.7%増の7460万人で、海外旅行は3.4%増の273万人となる見通しだ。

 夏休みは海外で、と意気込んでみても、近頃は場所選びが難しい。

 イスラム国(IS)が弱体化し、メンバーが世界中に拡散。新拠点とみられるフィリピン南部ミンダナオ島や、フランス、ドイツ、イギリスなど欧州でもテロが相次ぐ。

 旅行検索サイト「スカイスキャナー」が利用者の検索動向を基に調査する今年の「夏旅予測ランキング」によると、東京発の上位5カ国は、上からタイ、台湾、韓国、シンガポール、インドネシア。例年人気の米ハワイは入っていない。旅行ライターの渡辺輝乃氏がこう言う。

「定番の旅先に飽きてきているのもありますが、近場で安全な台湾は、依然人気です。台北は日本人でいっぱいですから、LCC(格安航空)も充実している台南(高雄)がオススメです。東南アジアは旅費の面で選ぶ人が多いですが、テロに巻き込まれるリスクを避けるために、米国をはじめとした外資系のホテルや施設には近づかないなどの対策が必要です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る