前年比82%増? ギリシャに日本人旅行客殺到のナゼ

公開日:

 JTB「2017年夏休みの旅行動向」によると、7月15日~8月31日の国内旅行は前年比0.7%増の7460万人で、海外旅行は3.4%増の273万人となる見通しだ。

 夏休みは海外で、と意気込んでみても、近頃は場所選びが難しい。

 イスラム国(IS)が弱体化し、メンバーが世界中に拡散。新拠点とみられるフィリピン南部ミンダナオ島や、フランス、ドイツ、イギリスなど欧州でもテロが相次ぐ。

 旅行検索サイト「スカイスキャナー」が利用者の検索動向を基に調査する今年の「夏旅予測ランキング」によると、東京発の上位5カ国は、上からタイ、台湾、韓国、シンガポール、インドネシア。例年人気の米ハワイは入っていない。旅行ライターの渡辺輝乃氏がこう言う。

「定番の旅先に飽きてきているのもありますが、近場で安全な台湾は、依然人気です。台北は日本人でいっぱいですから、LCC(格安航空)も充実している台南(高雄)がオススメです。東南アジアは旅費の面で選ぶ人が多いですが、テロに巻き込まれるリスクを避けるために、米国をはじめとした外資系のホテルや施設には近づかないなどの対策が必要です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る