• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前年比82%増? ギリシャに日本人旅行客殺到のナゼ

 JTB「2017年夏休みの旅行動向」によると、7月15日~8月31日の国内旅行は前年比0.7%増の7460万人で、海外旅行は3.4%増の273万人となる見通しだ。

 夏休みは海外で、と意気込んでみても、近頃は場所選びが難しい。

 イスラム国(IS)が弱体化し、メンバーが世界中に拡散。新拠点とみられるフィリピン南部ミンダナオ島や、フランス、ドイツ、イギリスなど欧州でもテロが相次ぐ。

 旅行検索サイト「スカイスキャナー」が利用者の検索動向を基に調査する今年の「夏旅予測ランキング」によると、東京発の上位5カ国は、上からタイ、台湾、韓国、シンガポール、インドネシア。例年人気の米ハワイは入っていない。旅行ライターの渡辺輝乃氏がこう言う。

「定番の旅先に飽きてきているのもありますが、近場で安全な台湾は、依然人気です。台北は日本人でいっぱいですから、LCC(格安航空)も充実している台南(高雄)がオススメです。東南アジアは旅費の面で選ぶ人が多いですが、テロに巻き込まれるリスクを避けるために、米国をはじめとした外資系のホテルや施設には近づかないなどの対策が必要です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る