“恋人の聖地”立入禁止 地権者が激白「賃料目的とは心外」

公開日:

「恋人の聖地」として知られる小豆島(香川県土庄町)の観光名所「エンジェルロード」が、ちょっとした騒ぎになっている。

「エンジェルロード」は、小豆島から大余島までの4島を結ぶ約500メートルの砂の道。潮が引くと陸続きになり、手をつなぐと恋がかなうといわれている。6月26日、砂の道の間にある中余島の地権者である50代のAさんが、「エンジェルロードはこゝまで!! この先私有地です」などと書いた看板を3枚設置したことが、騒動のきっかけだ。

 2015年以降、町が支払ってきた島の賃料年間39万6000円(月額3万3000円)に不満を持ったAさんが、値上げを求めて強行手段に出たように一部で報道されたが、どうやら話はそう単純ではなさそう。

 町がエンジェルロードをPRし始めたのは、約15年前。今では年間23万人が訪れる人気スポットになった。4年前、島を相続したAさんが現地を視察したところ、今にも崩壊しそうな斜面が所々にあったため、町に安全対策の工事をお願いした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る