地元大騒ぎ 世界遺産候補「長崎教会群」はブームになるか

公開日:  更新日:

 2018年の世界文化遺産の候補に「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎、熊本)がノミネートされた。国の文化審議会が推薦することを25日、決めたのだ。

 教会群は江戸時代の禁教下で“隠れキリシタン”が信仰を守り抜いた歴史を伝える12の資産で構成される。国内最古の教会で国宝の「大浦天主堂」、40万個のレンガで造られた「黒島天主堂」、石造りの「大野教会堂」など独特の趣がある建物がずらり。もともと長崎はグルメなどの観光資源も豊富なだけに、「世界遺産に登録されたら経済効果200億円」という試算もあり、現地は早くも盛り上がっている。

 もっとも、世界遺産に登録されても“ブーム”が一過性で終わることも多い。例えば、07年に世界文化遺産に登録された島根県の「石見銀山」は、翌年の観光客数が40万人から80万人と倍増したが、今では約50万人にまで落ち込んでいる。北海道の世界自然遺産「知床」も登録された05年は約250万人が訪れたが、今は登録前の160万人にまで減った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る