脅しどころか逆効果 安倍官邸が流す「12・2解散」の魂胆

公開日:  更新日:

 永田町でまたぞろ、解散風が吹きまくっている。今度の発信源は飯島勲内閣官房参与である。2日に放送された「たかじんのそこまで言って委員会」に出演した飯島氏はメモを見ながら「7-9月の経済状況が11月17日くらいにはわかりますから、20日くらいに総理は消費税を10%に上げるかどうか決断する。その後の12月2日に思い切って衆院を解散し、12月14日に投開票、24日に内閣改造、予算は越年」な~んて言ったのだ。

 飯島氏同様の見方は結構、広まっていて、この話は安倍首相が消費増税延期を決断し、反対者がでてきたら、「国民に信を問う」とか言って、解散するという筋書きだ。「延期」で国民から拍手されると思っているところがオメデタイが、それ以上に笑っちゃうのはこうした解散風がまったく、野党への脅しになっていないことだ。解散風をあおることで、野党を浮足立たせ、批判の矛先を鈍らせる。そんな魂胆が見透かされているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る