右肘MRI検査へ ダルビッシュは来季も「開幕出遅れ」危機

公開日: 更新日:

 歌を忘れたカナリアになりかねない。8月に右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りし、そのままシーズンを終えたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)のことだ。

 レンジャーズは3日(日本時間4日)、ダルら主力選手9人を60日間のDLから外したと発表。現在、日本でオフを過ごしているダルは今月中旬にも再渡米し、MRI検査を受ける。検査の結果次第でリハビリメニューを決めるが、患部の状態が芳しくなければ、投球練習の再開は大幅にずれ込む可能性もある。

 ダルが最後に登板したのは7敗目を喫した8月9日のアストロズ戦。仮に投球再開が年明けまで延期されれば、ボールを握れない状態が5カ月間も続くことになる。

 メジャーを代表する右腕とはいえ、半年近くもノースローの状態が続けば、来季に影響を及ぼさないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る