右肘MRI検査へ ダルビッシュは来季も「開幕出遅れ」危機

公開日:  更新日:

 歌を忘れたカナリアになりかねない。8月に右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りし、そのままシーズンを終えたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)のことだ。

 レンジャーズは3日(日本時間4日)、ダルら主力選手9人を60日間のDLから外したと発表。現在、日本でオフを過ごしているダルは今月中旬にも再渡米し、MRI検査を受ける。検査の結果次第でリハビリメニューを決めるが、患部の状態が芳しくなければ、投球練習の再開は大幅にずれ込む可能性もある。

 ダルが最後に登板したのは7敗目を喫した8月9日のアストロズ戦。仮に投球再開が年明けまで延期されれば、ボールを握れない状態が5カ月間も続くことになる。

 メジャーを代表する右腕とはいえ、半年近くもノースローの状態が続けば、来季に影響を及ぼさないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る