右肘MRI検査へ ダルビッシュは来季も「開幕出遅れ」危機

公開日: 更新日:

 歌を忘れたカナリアになりかねない。8月に右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りし、そのままシーズンを終えたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)のことだ。

 レンジャーズは3日(日本時間4日)、ダルら主力選手9人を60日間のDLから外したと発表。現在、日本でオフを過ごしているダルは今月中旬にも再渡米し、MRI検査を受ける。検査の結果次第でリハビリメニューを決めるが、患部の状態が芳しくなければ、投球練習の再開は大幅にずれ込む可能性もある。

 ダルが最後に登板したのは7敗目を喫した8月9日のアストロズ戦。仮に投球再開が年明けまで延期されれば、ボールを握れない状態が5カ月間も続くことになる。

 メジャーを代表する右腕とはいえ、半年近くもノースローの状態が続けば、来季に影響を及ぼさないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る