几帳面で厳密な球数管理…レ軍ダルビッシュの新ボスの正体

公開日: 更新日:

 ダルビッシュ有(28)の新しいボスが決まった。

 レンジャーズの新監督に今季までパイレーツのベンチコーチを務めていたジェフ・バニスター氏(50)が就任した。

 バニスター新監督、選手、指導者としてパイレーツ一筋29年。ポストシーズンに進出した一昨年と昨年はクリント・ハードル監督の右腕としてチームを支えた。

 長らくマイナーの指導者を務めてきたバニスター氏はきちょうめんな性格で知られる。ベンチコーチ時代は、その日のラインアップを丁寧な活字体でホワイトボードに書き記すのが日課。投手コーチに代わって先発投手の球数を厳重に管理、原則として100球以上、投げさせることはない。

 今季、パイレーツでチーム最多の13勝(7敗)を挙げたエース右腕のボルケスは1試合平均96球だった。今季のダルはストレート系主体の投球スタイルに変えた。エースとしての自覚から、限られた球数で、長いイニングを投げるためだ。

 地区最下位からの巻き返しを図るレンジャーズにとって、ダルの働きは欠かせない。きちょうめんな監督のもとで、よりシビアな投球が求められそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    コロナ禍で強行 麻生派「飲食なし」2万円パーティーの中身

  8. 8

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  9. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 10

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

もっと見る