几帳面で厳密な球数管理…レ軍ダルビッシュの新ボスの正体

公開日:  更新日:

 ダルビッシュ有(28)の新しいボスが決まった。

 レンジャーズの新監督に今季までパイレーツのベンチコーチを務めていたジェフ・バニスター氏(50)が就任した。

 バニスター新監督、選手、指導者としてパイレーツ一筋29年。ポストシーズンに進出した一昨年と昨年はクリント・ハードル監督の右腕としてチームを支えた。

 長らくマイナーの指導者を務めてきたバニスター氏はきちょうめんな性格で知られる。ベンチコーチ時代は、その日のラインアップを丁寧な活字体でホワイトボードに書き記すのが日課。投手コーチに代わって先発投手の球数を厳重に管理、原則として100球以上、投げさせることはない。

 今季、パイレーツでチーム最多の13勝(7敗)を挙げたエース右腕のボルケスは1試合平均96球だった。今季のダルはストレート系主体の投球スタイルに変えた。エースとしての自覚から、限られた球数で、長いイニングを投げるためだ。

 地区最下位からの巻き返しを図るレンジャーズにとって、ダルの働きは欠かせない。きちょうめんな監督のもとで、よりシビアな投球が求められそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る