• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季終了のダル 球団監視下でオフは“がんじがらめ”の可能性

 オフにはプライベートなどなさそうだ。右肘炎症のため、今季は登板しないことになったレンジャーズのダルビッシュ有投手(28)。シーズン終了後は、球団から徹底管理されるかもしれない。

 8月13日に故障者リスト(DL)に入ってから受けた2度の精密検査では患部に異常は見つからなかったが、「そのまま投げていたら危なかったと思う」(ダル)と話した通り、下手をすればヤンキース田中将大のように靱帯が傷ついていた可能性もある。

 ここ数年、レッドソックス時代の松坂大輔(現メッツ)、カブス藤川球児ら日本人投手が相次いでトミー・ジョン手術(腱の再建手術)を受けている。手術こそ回避したものの、今季は田中が長期離脱中だ。ダルの契約は17年まで残っている。6年総額1億1000万ドル(約110億円=入札金含む)を投じて獲得したレンジャーズが松坂や田中の二の舞いだけは避けたいと考えるのは当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る