松山にも牙むいたリンクス 全英オープンは日本勢撃沈

公開日: 更新日:

【全英オープン 2日目】

 大会2日目は雨天になり、1オーバー75位発進の松山英樹(24)はリンクスの厳しさを味わうことになった。

 雨でグリーンが重くなりタッチに微妙な狂いが出ていた。3番、4番で3メートルのバーディーチャンスにつけながら入らない。5番パー3でやっと5メートルを決めたが、この日のバーディーはこの1つだけ。6番パー5では10メートルのパットを打ち過ぎて6メートルもオーバーしてグリーンからこぼれ落ち、返しも入らずボギー。8番パー3も3メートルのパーパットを沈めることができず、この時点で2オーバー・64位で前半をターン。

 バック9に入り、雨風ともにひどくなると、アゲンスト風ではドライバーが220ヤードしか飛ばなかったり、20ヤード近くも右や左にボールが流されてフェアウエーをキープできない。10番からボールコントロールがまったくきかず、3連続ボギーをたたいて一気に5オーバー・96位まで後退してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  9. 9

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る