デイ94位、スピース51位 リオ五輪辞退者は初日“低空飛行”

公開日:  更新日:

【全英オープン 初日】

 世界ランク上位4人を含むリオ五輪出場辞退者は、初日からそろってパッとしない成績だった。

 同1位のJ・デイ(28)は2オーバー94位、同2位のD・ジョンソン(32)はイーブンパー51位、同3位のJ・スピース(22)はイーブンパー51位、同4位のR・マキロイ(27)は2アンダー22位。そして同8位のA・スコット(35)は2アンダー22位。

 辞退理由は「ジカ熱」「健康上の不安」「過密日程」とそれぞれだったが、賞金が出ない五輪よりも2億円近い高額賞金が出るメジャー大会や、年間王者になれば10億円が手に入るツアーを優先したのは明らかだ。「五輪よりも大事」というメジャーで好成績を残せなければ、ファンの目も厳しくなる。

 国際ゴルフ連盟のP・ドーソン会長は「辞退者の数を見れば、ゴルフというスポーツがマイナスに映るのは確実だ」と不快感をあらわにし、国際オリンピック委員会のバッハ会長も大会後に実施競技からの除外を検討する意向を示した。

 プロだからメダルより賞金を稼ぐことに重きを置くのは仕方ない。とはいえ、世界中から批判を浴びているのだから、もう少し頑張らなければいけないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る