デイ94位、スピース51位 リオ五輪辞退者は初日“低空飛行”

公開日:  更新日:

【全英オープン 初日】

 世界ランク上位4人を含むリオ五輪出場辞退者は、初日からそろってパッとしない成績だった。

 同1位のJ・デイ(28)は2オーバー94位、同2位のD・ジョンソン(32)はイーブンパー51位、同3位のJ・スピース(22)はイーブンパー51位、同4位のR・マキロイ(27)は2アンダー22位。そして同8位のA・スコット(35)は2アンダー22位。

 辞退理由は「ジカ熱」「健康上の不安」「過密日程」とそれぞれだったが、賞金が出ない五輪よりも2億円近い高額賞金が出るメジャー大会や、年間王者になれば10億円が手に入るツアーを優先したのは明らかだ。「五輪よりも大事」というメジャーで好成績を残せなければ、ファンの目も厳しくなる。

 国際ゴルフ連盟のP・ドーソン会長は「辞退者の数を見れば、ゴルフというスポーツがマイナスに映るのは確実だ」と不快感をあらわにし、国際オリンピック委員会のバッハ会長も大会後に実施競技からの除外を検討する意向を示した。

 プロだからメダルより賞金を稼ぐことに重きを置くのは仕方ない。とはいえ、世界中から批判を浴びているのだから、もう少し頑張らなければいけないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る