日ハム近藤「4割打者」への条件は? 恩師が語る技術と心

公開日: 更新日:

 メジャーで41年に打率.406をマークしたテッド・ウィリアムズは185安打で150四死球だった。小野氏は安打数における四死球数の割合を計算。ウィリアムズの場合は「四死球÷安打」が0.81で、この数字が高いほど打率が高くなる“恩恵”にあずかれるとしている。

 これを近藤に当てはめると「53四死球÷57安打=0.93」となり、メジャー最後の4割打者を上回るペースで四球を選んでいる。ちなみにイチローはオリックス時代の00年、打率.387をマークしたが、「58四死球÷153安打=0.38」だった。

 小野氏は他にも「対戦機会が多い右投手から4割以上打つ」「三振を減らす」などの条件を挙げている。この日、2四球の近藤は今後も着実に四球を稼ぐことが重要になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る