打率4割維持のハム近藤生かせない4番中田翔の勝負弱さ

公開日: 更新日:

 開幕から2カ月が経つのに、いまだ4割をキープしているのが日本ハムの近藤健介(23)。30日のDeNA戦は、八回に右翼へ二塁打を放って4打数1安打。打率は4割9厘となった。

 日本のプロ野球界で最終的に4割を打った打者はひとりもいない。前人未到の記録を達成する可能性もある打者がいるにもかかわらず、それを生かせないのがいまの日本ハムということになる。

 この日もDeNAのルーキー・浜口以下の4投手の前に完封負け。借金が「9」に膨らんだ最大の要因は、4割打者の近藤の後ろを打つ4番・中田(28)だろう。

 昨夜も初回は2死三塁、八回は2死二塁の得点機にいずれも凡退。30日現在、打率・231、4本塁打、20打点。4番を打ちながら、得点圏打率にいたっては・184とふるわない。

 中田の勝負弱さに関していえば、110打点でタイトルを獲得した昨季ですら、「稼いだ打点と同じくらいの数のチャンスを潰している」との声が内部から上がったほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る