打率4割維持のハム近藤生かせない4番中田翔の勝負弱さ

公開日: 更新日:

 開幕から2カ月が経つのに、いまだ4割をキープしているのが日本ハム近藤健介(23)。30日のDeNA戦は、八回に右翼へ二塁打を放って4打数1安打。打率は4割9厘となった。

 日本のプロ野球界で最終的に4割を打った打者はひとりもいない。前人未到の記録を達成する可能性もある打者がいるにもかかわらず、それを生かせないのがいまの日本ハムということになる。

 この日もDeNAのルーキー・浜口以下の4投手の前に完封負け。借金が「9」に膨らんだ最大の要因は、4割打者の近藤の後ろを打つ4番・中田(28)だろう。

 昨夜も初回は2死三塁、八回は2死二塁の得点機にいずれも凡退。30日現在、打率・231、4本塁打、20打点。4番を打ちながら、得点圏打率にいたっては・184とふるわない。

 中田の勝負弱さに関していえば、110打点でタイトルを獲得した昨季ですら、「稼いだ打点と同じくらいの数のチャンスを潰している」との声が内部から上がったほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る