ハム大谷の離脱後初ブルペンをメジャーが危惧する理由

公開日:  更新日:

 投打の非凡な才能はすでに実証済み。早ければ今オフにも大谷翔平(22=日本ハム)を迎え入れたいメジャーは、とにかく無事に米国に来てさえくれればいい、仮に下半身の状態が芳しくないならば、これ以上、悪化しないうちにできるだけ早い時期に来てもらいたいというのが本音とか。

 大谷は現在、右足首痛に加えて、左太もも肉離れで離脱中だが、「日本でヘタな手術でもされて、おかしくなったらかなわない。治療はこっちでやるから、とにかくさっさと体だけ渡してもらいたい」というメジャー関係者も中にはいるらしい。

 さて、そんな大谷が25日、鎌ケ谷の二軍施設で左太もも肉離れ後、初のブルペン入り。10メートルほど先に置かれたネットを目掛け、30球ほど投げ込んだ。

 本人がどう考えているかは定かじゃないが、少なくとも首脳陣とフロントの間では、最初に野手として戻ることが確認されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る