ハム大谷の離脱後初ブルペンをメジャーが危惧する理由

公開日: 更新日:

 投打の非凡な才能はすでに実証済み。早ければ今オフにも大谷翔平(22=日本ハム)を迎え入れたいメジャーは、とにかく無事に米国に来てさえくれればいい、仮に下半身の状態が芳しくないならば、これ以上、悪化しないうちにできるだけ早い時期に来てもらいたいというのが本音とか。

 大谷は現在、右足首痛に加えて、左太もも肉離れで離脱中だが、「日本でヘタな手術でもされて、おかしくなったらかなわない。治療はこっちでやるから、とにかくさっさと体だけ渡してもらいたい」というメジャー関係者も中にはいるらしい。

 さて、そんな大谷が25日、鎌ケ谷の二軍施設で左太もも肉離れ後、初のブルペン入り。10メートルほど先に置かれたネットを目掛け、30球ほど投げ込んだ。

 本人がどう考えているかは定かじゃないが、少なくとも首脳陣とフロントの間では、最初に野手として戻ることが確認されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る