“格差トレード”なんの 日ハム大田が指揮官に報いる決勝弾

公開日:  更新日:

 26日のソフトバンク戦、3点を追う三回だ。同点とした日本ハムはさらに大田泰示(26)が左翼席へ2ランを叩き込んで勝ち越し。「流れで打たせてもらった感じ。イケイケの場面でしたから。初球から思い切っていこうと思っていた」と喜んだ。

 昨年11月、2対2のトレードで巨人から移籍。当初は「巨人が得した格差トレード」とささやかれ、大田のプライドはズタズタにされた。

「巨人からは大田、公文。日本ハムからは吉川光、石川。先発投手の補強を目指していた巨人は最優秀防御率やMVPの受賞歴もあるエース級左腕・吉川光が取れた。大田にはレギュラー歴がない。日本ハム内には『大田?』とトレードを疑問視する声もあった。しかし、東海大相模高時代から素材に惚れ込んでいた栗山監督は、数年前から球団と『大田取り』の可能性を模索していた。トレードが成立した時は『喉から手が出るほど欲しかった』と本気で喜び、格差トレードと言われても、『4番候補』と入団会見で言い放った。大田の可能性を信じた数少ない一人、それが栗山監督だった」(球界関係者)

 お立ち台で「ファイターズ最高!」と絶叫。巨人では芽が出なかっただけに、これは本音に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る