“格差トレード”なんの 日ハム大田が指揮官に報いる決勝弾

公開日:  更新日:

 26日のソフトバンク戦、3点を追う三回だ。同点とした日本ハムはさらに大田泰示(26)が左翼席へ2ランを叩き込んで勝ち越し。「流れで打たせてもらった感じ。イケイケの場面でしたから。初球から思い切っていこうと思っていた」と喜んだ。

 昨年11月、2対2のトレードで巨人から移籍。当初は「巨人が得した格差トレード」とささやかれ、大田のプライドはズタズタにされた。

「巨人からは大田、公文。日本ハムからは吉川光、石川。先発投手の補強を目指していた巨人は最優秀防御率やMVPの受賞歴もあるエース級左腕・吉川光が取れた。大田にはレギュラー歴がない。日本ハム内には『大田?』とトレードを疑問視する声もあった。しかし、東海大相模高時代から素材に惚れ込んでいた栗山監督は、数年前から球団と『大田取り』の可能性を模索していた。トレードが成立した時は『喉から手が出るほど欲しかった』と本気で喜び、格差トレードと言われても、『4番候補』と入団会見で言い放った。大田の可能性を信じた数少ない一人、それが栗山監督だった」(球界関係者)

 お立ち台で「ファイターズ最高!」と絶叫。巨人では芽が出なかっただけに、これは本音に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る