“格差トレード”なんの 日ハム大田が指揮官に報いる決勝弾

公開日: 更新日:

 26日のソフトバンク戦、3点を追う三回だ。同点とした日本ハムはさらに大田泰示(26)が左翼席へ2ランを叩き込んで勝ち越し。「流れで打たせてもらった感じ。イケイケの場面でしたから。初球から思い切っていこうと思っていた」と喜んだ。

 昨年11月、2対2のトレードで巨人から移籍。当初は「巨人が得した格差トレード」とささやかれ、大田のプライドはズタズタにされた。

「巨人からは大田、公文。日本ハムからは吉川光、石川。先発投手の補強を目指していた巨人は最優秀防御率やMVPの受賞歴もあるエース級左腕・吉川光が取れた。大田にはレギュラー歴がない。日本ハム内には『大田?』とトレードを疑問視する声もあった。しかし、東海大相模高時代から素材に惚れ込んでいた栗山監督は、数年前から球団と『大田取り』の可能性を模索していた。トレードが成立した時は『喉から手が出るほど欲しかった』と本気で喜び、格差トレードと言われても、『4番候補』と入団会見で言い放った。大田の可能性を信じた数少ない一人、それが栗山監督だった」(球界関係者)

 お立ち台で「ファイターズ最高!」と絶叫。巨人では芽が出なかっただけに、これは本音に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る