日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界水泳シンクロ ロシア勢がデュエット2種目制覇

 下馬評通りロシア勢が圧倒的な強さを発揮している。

 世界水泳のシンクロは20日、デュエット・フリールーティン(FR)決勝を行い、ロシアのスベトラーナ・コレスニチェンコ(23)、アレクサンドラ・パツケビッチ(28)の新旧ペアが97.0000点で優勝。同テクニカル・ルーティン(TR)に次いで2個目の金メダル。若手のコレスニチェンコはソロ2種目と合わせて4冠達成である。

 なお、日本の乾友紀子(26)、中牧佳南(25)ペアは93.1333点で4位に終わり、日本勢では07年大会以来5大会ぶりのメダルを逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事