まだベテラン頼り 新生シンクロ日本「東京五輪」への課題

公開日:  更新日:

 新生シンクロ日本代表が不安なスタートを切った。

 14日(日本時間15日)に開幕した水泳の世界選手権(ブダペスト)。16日のデュエット・テクニカルルーティン(TR)決勝では乾友紀子(26)、中村麻衣(28)組が92.0572点で4位。銅メダルを獲得した15年大会に続く表彰台を逃した。

 同16日のチームTR予選は91.7484点で、ロシア(95.0121)、中国(93.0711)に次ぐ3位で決勝に進出したが、2位中国とは1.3227点差をつけられ、4位ウクライナには0.2567点差に迫られている。2強のロシア、中国との差は縮まらず、リオ五輪では格下だったライバルの猛追を受ける形となった。18日のフリールーティン(FR)ではウクライナに逆転され、デュエットに続いてチームでも表彰台を逃しかねない。

 日本のお家芸とも言えるシンクロは東京五輪でのメダル有力種目の一つだ。本番まであと3年。デュエット、チームともレベルアップを図るには両種目とも専任選手の育成が不可欠である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る