シンクロ乾・三井組のメダルは井村HCの“政治力”が鍵握る

公開日: 更新日:

 2大会ぶりのメダル奪還に向けて好位置に付けた。

 リオ五輪シンクロナイズドスイミングは15日(日本時間16日未明)、デュエットのテクニカル・ルーティン(TR)を行い、日本の乾友紀子(25)、三井梨紗子(22)組は93.1214点でロシア、中国、ウクライナに次ぐ4位。前日のフリーと合わせて187.5214点の総合3位で、16日の決勝進出(12チーム)を決めた。

 総合4位ウクライナ(TR93.1358点、計186.6691点)、同5位スペイン(TR92.5024点、計186.2691)が僅差で続く。TRの得点は決勝に持ち越されるだけにメダル獲得にはウクライナを上回る演技が求められる。

 乾は前回のロンドンで小林千紗(現代表コーチ)と組んで出場し5位。84年ロサンゼルス大会から続いていたメダルが途切れた。前回のリベンジを期す乾は「どれだけ勝ちたいかという気持ちの勝負になる」と話したが、メダル奪還は井村雅代ヘッドコーチ(HC)の存在が鍵を握る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

もっと見る