シンクロ乾・三井組のメダルは井村HCの“政治力”が鍵握る

公開日: 更新日:

 2大会ぶりのメダル奪還に向けて好位置に付けた。

 リオ五輪シンクロナイズドスイミングは15日(日本時間16日未明)、デュエットのテクニカル・ルーティン(TR)を行い、日本の乾友紀子(25)、三井梨紗子(22)組は93.1214点でロシア、中国、ウクライナに次ぐ4位。前日のフリーと合わせて187.5214点の総合3位で、16日の決勝進出(12チーム)を決めた。

 総合4位ウクライナ(TR93.1358点、計186.6691点)、同5位スペイン(TR92.5024点、計186.2691)が僅差で続く。TRの得点は決勝に持ち越されるだけにメダル獲得にはウクライナを上回る演技が求められる。

 乾は前回のロンドンで小林千紗(現代表コーチ)と組んで出場し5位。84年ロサンゼルス大会から続いていたメダルが途切れた。前回のリベンジを期す乾は「どれだけ勝ちたいかという気持ちの勝負になる」と話したが、メダル奪還は井村雅代ヘッドコーチ(HC)の存在が鍵を握る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る