チーム12年ぶり銅のシンクロ 東京への課題は“選手確保”

公開日:  更新日:

 リオ五輪で2個目のメダルを手にした。

 シンクロナイズドスイミングはチームのフリールーティンを行い、日本は全体3位の95.4333点をマークし、前日のテクニカルルーティンとの合計189.2056点で銅メダルを獲得。チームでは04年アテネ大会(銀)以来、3大会ぶりの表彰台である。

 一時期の低迷を脱したシンクロ日本。20年東京では、実力が抜きんでているロシアに次いで中国との2番手争いが現実的な目標になる。今後も14年にヘッドコーチ(HC)に復帰した井村体制で強化を図るが、シンクロは演技力向上、レベルアップよりもまずは代表選手の確保が課題になりそうだ。

 水泳種目の中でもシンクロは競泳と比べて極端に競技人口が少ない。全国にスイミングクラブは1000以上あっても、シンクロクラブは70ほどだ。選手の絶対数が少ない上に、最近は水中での華やかな演技や衣装に憧れるだけで、競技として本気で取り組む選手は減少している。「地獄」と形容される猛練習に耐えるほどの覚悟がなく、国内のトップクラスの選手でもナショナルチームに選ばれながら辞退するケースもある。実際、昨年の世界選手権(ロシア・カザン)に向けた合宿には2人の選手が参加を辞退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る