• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チーム12年ぶり銅のシンクロ 東京への課題は“選手確保”

 リオ五輪で2個目のメダルを手にした。

 シンクロナイズドスイミングはチームのフリールーティンを行い、日本は全体3位の95.4333点をマークし、前日のテクニカルルーティンとの合計189.2056点で銅メダルを獲得。チームでは04年アテネ大会(銀)以来、3大会ぶりの表彰台である。

 一時期の低迷を脱したシンクロ日本。20年東京では、実力が抜きんでているロシアに次いで中国との2番手争いが現実的な目標になる。今後も14年にヘッドコーチ(HC)に復帰した井村体制で強化を図るが、シンクロは演技力向上、レベルアップよりもまずは代表選手の確保が課題になりそうだ。

 水泳種目の中でもシンクロは競泳と比べて極端に競技人口が少ない。全国にスイミングクラブは1000以上あっても、シンクロクラブは70ほどだ。選手の絶対数が少ない上に、最近は水中での華やかな演技や衣装に憧れるだけで、競技として本気で取り組む選手は減少している。「地獄」と形容される猛練習に耐えるほどの覚悟がなく、国内のトップクラスの選手でもナショナルチームに選ばれながら辞退するケースもある。実際、昨年の世界選手権(ロシア・カザン)に向けた合宿には2人の選手が参加を辞退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る