• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新星シンクロ日本 チーム首位発進も井村HCまだまだ不満

 この人の頭には東京五輪の金メダルしかない。

 28日に開幕したシンクロのジャパン・オープン(東京)は、国際水泳連盟のワールドシリーズ第3戦に位置づけられ、過去最多の20カ国が参加。しかし、リオ五輪のデュエット、チーム(団体)で金、銀のロシア、中国は出場していない。日本がチーム・テクニカルルーティンでトップに立ったのは当然だ。

 新星日本は、リオで銅メダルを取った団体戦のメンバーが大幅に入れ替わり、デュエットもエース乾友紀子の相棒が代わった。東京五輪へ向けての新メンバーの演技はまだまだ未熟で、日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC=66)は連日不満顔。この日も「メンバーの入れ替わりによる違和感はなくなってきたが、私が泳いで欲しい演技ではない。もっと進化して欲しい」と厳しい評価だった。

「シンクロの母」と呼ばれる井村HCは、1984年ロス五輪から6大会連続でメダルに導き、中国のヘッドコーチとしても北京、ロンドン大会でメダル獲得に貢献。14年に日本代表コーチに復帰すると、昨年のリオではデュエットで2大会、チームで3大会ぶりに表彰台を復活させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る