新星シンクロ日本 チーム首位発進も井村HCまだまだ不満

公開日:

 この人の頭には東京五輪の金メダルしかない。

 28日に開幕したシンクロのジャパン・オープン(東京)は、国際水泳連盟のワールドシリーズ第3戦に位置づけられ、過去最多の20カ国が参加。しかし、リオ五輪のデュエット、チーム(団体)で金、銀のロシア、中国は出場していない。日本がチーム・テクニカルルーティンでトップに立ったのは当然だ。

 新星日本は、リオで銅メダルを取った団体戦のメンバーが大幅に入れ替わり、デュエットもエース乾友紀子の相棒が代わった。東京五輪へ向けての新メンバーの演技はまだまだ未熟で、日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC=66)は連日不満顔。この日も「メンバーの入れ替わりによる違和感はなくなってきたが、私が泳いで欲しい演技ではない。もっと進化して欲しい」と厳しい評価だった。

「シンクロの母」と呼ばれる井村HCは、1984年ロス五輪から6大会連続でメダルに導き、中国のヘッドコーチとしても北京、ロンドン大会でメダル獲得に貢献。14年に日本代表コーチに復帰すると、昨年のリオではデュエットで2大会、チームで3大会ぶりに表彰台を復活させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る