スウェーデンに正々堂々の金星 カー娘は決勝T進出に前進

公開日:

 案の定ではある。

 今大会に個人資格で出場しているロシア選手にドーピング疑惑がかけられている一件。ロシアの複数メディアによれば、検査で陽性反応が出たのは、13日のカーリング混合ダブルスで銅メダルを獲得した、男子のアレクサンドル・クルシェルニツキーとされている。

 ロシアは、国ぐるみのドーピングを理由に選手団としての参加が認められていないのは周知の通り。世界中の厳しい視線が注がれる中でなお、禁止薬物を摂取していたというのも驚きだが、それがカーリング選手というのもまたビックリだ。

 検出された「メルドニウム」は持久力向上、疲労回復促進に効果があるとされ、ロシアのドーピングの“定番”。テニスのシャラポワもこれで出場停止処分を食らった。

 カーリングは「氷上のチェス」と言われる頭脳戦。初のメダル獲得に向け、日本代表は男女とも奮闘中だ。19日は女子(世界ランク6位)がこの日2試合目の格上スウェーデン(同5位)戦に逆転勝ち。決勝トーナメント進出に大きく前進した。

 カーリングが実は、ドーピングが必要なほど体力を消耗するとすれば、健気に正々堂々と戦う日本の「カー娘」の活躍には、いよいよ拍手を送りたくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る