31歳も伸びしろ無限大 小平奈緒“金メダルの次”は世界新か

公開日:

 短距離W杯女王が、ついに頂点に立った。

 18日のスピードスケート500メートルで小平奈緒(31)が36秒94で優勝。3連覇を狙った世界記録保持者の李相花(28=韓国)に0秒39差をつける五輪新記録で1000メートル(銀)に次ぐ今大会2個目のメダルを手にした。日本女子による同種目のメダル獲得は1998年長野五輪の岡崎朋美(銅)以来で、表彰台の真ん中に立つのは史上初の快挙だ。

 金メダルが決まった瞬間、涙を流しながら両拳を高々と突き上げた小平。「周りが見えないぐらいうれしかった。全てが報われたような気持ちです」と喜びを口にした。闘争心あふれる獣のような滑りと評されるレースについては「獣かどうか分からないけど、躍動感あふれるレースができたと思う」と振り返った。

 5位に終わった前回のソチ大会後にオランダに単身留学。王国オランダ選手の上半身を起こす滑りを取り入れるなど、あらゆる可能性を試した。試行錯誤の末、上半身は起こしたまま、下半身を低くする独自の滑りを身に付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る