31歳も伸びしろ無限大 小平奈緒“金メダルの次”は世界新か

公開日:

 短距離W杯女王が、ついに頂点に立った。

 18日のスピードスケート500メートルで小平奈緒(31)が36秒94で優勝。3連覇を狙った世界記録保持者の李相花(28=韓国)に0秒39差をつける五輪新記録で1000メートル(銀)に次ぐ今大会2個目のメダルを手にした。日本女子による同種目のメダル獲得は1998年長野五輪の岡崎朋美(銅)以来で、表彰台の真ん中に立つのは史上初の快挙だ。

 金メダルが決まった瞬間、涙を流しながら両拳を高々と突き上げた小平。「周りが見えないぐらいうれしかった。全てが報われたような気持ちです」と喜びを口にした。闘争心あふれる獣のような滑りと評されるレースについては「獣かどうか分からないけど、躍動感あふれるレースができたと思う」と振り返った。

 5位に終わった前回のソチ大会後にオランダに単身留学。王国オランダ選手の上半身を起こす滑りを取り入れるなど、あらゆる可能性を試した。試行錯誤の末、上半身は起こしたまま、下半身を低くする独自の滑りを身に付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る