過剰期待で酷使の恐れも…羽生結弦に2大会連続金の“反動”

公開日:

 まさに王者の滑りだった。男子フィギュアスケートの羽生結弦(23)が、ショートプログラム(SP)、フリー(FS)合わせて317.85点で優勝し、同種目では66年ぶりの連覇を達成。世界中の注目を集める中、圧巻の演技を見せ、節目となる冬季五輪1000個目の金メダルを手にした。

 一夜明けた18日、銀メダルの宇野昌磨(20)とともに会見した羽生は現役続行を明言し、「取るもの(金メダル)は取った。モチベーションは全て4回転アクセル(4回転半ジャンプ)だけ。習得を目指したい」と世界で誰も決めてない大技の成功に意欲を見せた。

 男子フィギュアの「絶対王者」としての地位を揺るぎないものにし、今後は世界のトップスケーターから追われる立場になる。平昌閉幕後、当面は昨年11月のGPシリーズNHK杯で負った「右足関節外側靱帯損傷」の治療を優先し、連覇のかかる3月の世界選手権(イタリア)は欠場する見込み。大技のお披露目は早くても、来季以降になるとみられるが、羽生の今後は極めて視界不良だ。痛めた右足首は決して楽観視できないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る