• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過剰期待で酷使の恐れも…羽生結弦に2大会連続金の“反動”

 まさに王者の滑りだった。男子フィギュアスケートの羽生結弦(23)が、ショートプログラム(SP)、フリー(FS)合わせて317.85点で優勝し、同種目では66年ぶりの連覇を達成。世界中の注目を集める中、圧巻の演技を見せ、節目となる冬季五輪1000個目の金メダルを手にした。

 一夜明けた18日、銀メダルの宇野昌磨(20)とともに会見した羽生は現役続行を明言し、「取るもの(金メダル)は取った。モチベーションは全て4回転アクセル(4回転半ジャンプ)だけ。習得を目指したい」と世界で誰も決めてない大技の成功に意欲を見せた。

 男子フィギュアの「絶対王者」としての地位を揺るぎないものにし、今後は世界のトップスケーターから追われる立場になる。平昌閉幕後、当面は昨年11月のGPシリーズNHK杯で負った「右足関節外側靱帯損傷」の治療を優先し、連覇のかかる3月の世界選手権(イタリア)は欠場する見込み。大技のお披露目は早くても、来季以降になるとみられるが、羽生の今後は極めて視界不良だ。痛めた右足首は決して楽観視できないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る