過剰期待で酷使の恐れも…羽生結弦に2大会連続金の“反動”

公開日:

 まさに王者の滑りだった。男子フィギュアスケートの羽生結弦(23)が、ショートプログラム(SP)、フリー(FS)合わせて317.85点で優勝し、同種目では66年ぶりの連覇を達成。世界中の注目を集める中、圧巻の演技を見せ、節目となる冬季五輪1000個目の金メダルを手にした。

 一夜明けた18日、銀メダルの宇野昌磨(20)とともに会見した羽生は現役続行を明言し、「取るもの(金メダル)は取った。モチベーションは全て4回転アクセル(4回転半ジャンプ)だけ。習得を目指したい」と世界で誰も決めてない大技の成功に意欲を見せた。

 男子フィギュアの「絶対王者」としての地位を揺るぎないものにし、今後は世界のトップスケーターから追われる立場になる。平昌閉幕後、当面は昨年11月のGPシリーズNHK杯で負った「右足関節外側靱帯損傷」の治療を優先し、連覇のかかる3月の世界選手権(イタリア)は欠場する見込み。大技のお披露目は早くても、来季以降になるとみられるが、羽生の今後は極めて視界不良だ。痛めた右足首は決して楽観視できないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る