演技構成の食い違い 羽生結弦は五輪後にコーチと“決別”か

公開日:  更新日:

 男子フィギュアスケートの羽生結弦(23)が、16日のショートプログラム(SP)で111.68点をマークして首位に立った。自身が14年ソチ大会の同種目でマーク(101.45点)した五輪記録を更新し、故障した右足首の不安を払拭してみせた。

 会心の演技にカナダ人コーチのブライアン・オーサー氏(56)と笑顔でハグ。リンクでこそ、師弟の絆は揺るぎないものに見えるが、実はとっくに2人の関係は冷めきっているという。

 14年ソチ五輪で金メダルを勝ち取った2人の関係に亀裂が生じたのは14年12月のGPファイナル(スペイン・バルセロナ)。羽生は同年11月のGPシリーズ中国杯で、地元選手と衝突して、顎の下を縫うなどの大ケガを負いながら、中国杯以降も出場を続けた。GPファイナルを前にコーチからの「体への負担の少ない構成に変えよう」との提案を聞き入れず、2種類の4回転ジャンプを実施して連覇を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る