「阿弥陀小僧七変化盗まれた小町娘」飯島一次著

公開日:  更新日:

 呉服商三浦屋の跡取り息子・忠太郎は、芝居好きが高じて勘当され、今は捨蔵の名で舞台に出る三文役者。ある日、下足番の弥吉から、山下町で婆さんが古着の着物を盗まれ、そばに小判が落ちていたと聞き、犯人は世を騒がす盗人の阿弥陀小僧ではないかと疑う。阿弥陀小僧は、旅の僧や茶の宗匠などに成り済まし、金持ちのお宝を盗み、世間の喝采を浴びていた。捨蔵は、阿弥陀小僧が盗んだ古着は新たな変装のための衣装と睨んだのだ。捨蔵の推理を聞いた十手持ちの辰吉が調べると、婆さんが盗まれた古着は40年前、奉公先の殿様から拝領した着物だった。

 本紙好評連載に、書き下ろしが加わって始まった新シリーズ第1弾。(双葉社 611円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る