「阿弥陀小僧七変化盗まれた小町娘」飯島一次著

公開日: 更新日:

 呉服商三浦屋の跡取り息子・忠太郎は、芝居好きが高じて勘当され、今は捨蔵の名で舞台に出る三文役者。ある日、下足番の弥吉から、山下町で婆さんが古着の着物を盗まれ、そばに小判が落ちていたと聞き、犯人は世を騒がす盗人の阿弥陀小僧ではないかと疑う。阿弥陀小僧は、旅の僧や茶の宗匠などに成り済まし、金持ちのお宝を盗み、世間の喝采を浴びていた。捨蔵は、阿弥陀小僧が盗んだ古着は新たな変装のための衣装と睨んだのだ。捨蔵の推理を聞いた十手持ちの辰吉が調べると、婆さんが盗まれた古着は40年前、奉公先の殿様から拝領した着物だった。

 本紙好評連載に、書き下ろしが加わって始まった新シリーズ第1弾。(双葉社 611円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る