「覇王の贄」矢野隆著

公開日:  更新日:

 天正9年、信長に拝謁した秀吉は、主の小姓と無二斎と名乗る男の戦いを見せられる。めった打ちされた小姓はあっけなく息絶え、無二斎はさらに信長が用意した腕自慢を次々に倒していく。

 無二斎は武器は問わず一対一の戦いなら負けぬと豪語。信長から、無二斎を殺せる者を連れてこいと命じられた秀吉は、その真意を推し量り悩む。信長自慢の無二斎を本当に殺してしまってよいものか。気まぐれな信長のことゆえ、判断を間違えば自分の地位さえ危うくなると感じた秀吉は、小六が連れてきた山賊の頭領を差し出す。(「壱の贄 秀吉」)

 信長臣下の名将たちが選んだ強者と無二斎との勝負を描く連作時代小説。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る