「覇王の贄」矢野隆著

公開日:  更新日:

 天正9年、信長に拝謁した秀吉は、主の小姓と無二斎と名乗る男の戦いを見せられる。めった打ちされた小姓はあっけなく息絶え、無二斎はさらに信長が用意した腕自慢を次々に倒していく。

 無二斎は武器は問わず一対一の戦いなら負けぬと豪語。信長から、無二斎を殺せる者を連れてこいと命じられた秀吉は、その真意を推し量り悩む。信長自慢の無二斎を本当に殺してしまってよいものか。気まぐれな信長のことゆえ、判断を間違えば自分の地位さえ危うくなると感じた秀吉は、小六が連れてきた山賊の頭領を差し出す。(「壱の贄 秀吉」)

 信長臣下の名将たちが選んだ強者と無二斎との勝負を描く連作時代小説。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る