• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「覇王の贄」矢野隆著

 天正9年、信長に拝謁した秀吉は、主の小姓と無二斎と名乗る男の戦いを見せられる。めった打ちされた小姓はあっけなく息絶え、無二斎はさらに信長が用意した腕自慢を次々に倒していく。

 無二斎は武器は問わず一対一の戦いなら負けぬと豪語。信長から、無二斎を殺せる者を連れてこいと命じられた秀吉は、その真意を推し量り悩む。信長自慢の無二斎を本当に殺してしまってよいものか。気まぐれな信長のことゆえ、判断を間違えば自分の地位さえ危うくなると感じた秀吉は、小六が連れてきた山賊の頭領を差し出す。(「壱の贄 秀吉」)

 信長臣下の名将たちが選んだ強者と無二斎との勝負を描く連作時代小説。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る