【年末に読みたい珠玉の時代・歴史小説】「化土記」北原亞以子著

公開日: 更新日:

 天保14(1843)年、天保の改革推進派の勘定吟味役・栗橋伊織が闇討ちされ落命。老中・水野忠邦が改革の行き詰まりを打破するため、印旛沼の開拓と大名や旗本の領地を召し上げ代替地を与える上知令の準備に取り組んでいる最中の出来事だった。5年前、勘当され浪人となった緑太郎は、弟・伊織の死を知り、屋敷に駆けつける。残された伊織の妻・花重は緑太郎の元いいなずけだった。そんな中、伊織を殺したのは、紀州藩邸に出入りする浪人の「続兵馬」と名指しする投げ文があった。投げ文の主は、甲州郡内地方の一揆を首謀して逃走中に闇討ち現場に遭遇した兵助だった。緑太郎は、伊織を殺した首謀者をおびき出すために、花重らと印旛沼へと向かう。

 昨春、急逝した時代小説の名手が残した長編。

(PHP研究所 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る