【年末に読みたい珠玉の時代・歴史小説】「鬼はもとより」青山文平著

公開日: 更新日:

 宝暦8(1758)年秋、浅草山川町の裏店で万年青を商う奥脇抄一郎に、旗本の深井藤兵衛を通じて、ある依頼が舞い込んでくる。抄一郎は、万年青稼業を隠れみのに、裏で諸藩の御用人らに藩札版行の指南役を務めていた。

 8年前、ある小藩の武家だった抄一郎は女遊びが災いして御馬廻りから藩札掛に回され、藩札頭の佐島から徹底的にその仕組みを仕込まれた。佐島亡き後、藩札頭に就いた抄一郎は、筆頭家老から命じられた藩札の10割の刷り増しを拒み、版木を持ち出し脱藩。数カ月後に、別の藩札を発行した藩は混乱に陥り、改易されてしまった。以来、国を大本から立て直す仕法を思案し続けてきた抄一郎に、その成果を試す絶好の機会が到来する。

 今年一番の収穫との呼び声も高い異色経済時代小説。

(徳間書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る