「大坂誕生」片山洋一著

公開日:  更新日:

 慶長20年5月、松平忠明は伊勢亀山5万石の大名ながら、大坂の陣での功績が認められ、家康より灰燼と化した大坂の再興を命じられる。

 大坂城預として西国大名を采配する権限を与えられた忠明は、決死の覚悟で大坂に乗り込む。しかし、どこから手をつければよいのか見当もつかない。忠明は城の再建を勧める臣下の提案を退け、幕府から派遣されてきた国目付・山田清太夫が提案する水道整備、さらには三の丸を破却して町衆に開放するという案を採用。さらに反骨精神に満ちた大坂人の統制に頭を悩ます忠明は、京都所司代・板倉勝重に教えを請う。

 第6回朝日時代小説大賞優秀作。(朝日新聞出版 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る