変わりダネ芸術本特集

公開日: 更新日:

「図像学入門」山本陽子著

 美術館に行っても展示された日本美術に美しさを感じたり、感動できない人もいる。でも、本書の著者はそれでも美術が分からないということではないという。なぜなら、それらはそもそも美術作品として作られたわけではなく、仏像なら仏の姿を、絵画ならば物語や景色を伝えるのが本来の目的だったからだ。本書は、作品が本来どういう意味だったのかを読み解く「図像学」という視点から、日本美術の新しい楽しみ方を解説した美術テキスト。

 光源氏も紫の上も福笑いのおかめにしか見えない「源氏物語絵巻」など、名作を俎上に、素朴な疑問に答えながら、それぞれの生まれた背景から作品を鑑賞する。美術館が退屈に感じられる人には格好の案内書だ。(勉誠出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    鈴木亮平「レンアイ漫画家」はドラマ化に不向きだった?

  10. 10

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

もっと見る

人気キーワード