フランス革命から無差別テロまで 21世紀は「テロの世紀」か?

公開日: 更新日:

「テロと文学」上岡伸雄著

 9.11同時多発テロはアメリカの政治や社会だけでなく文学にも強い衝撃と影響を与えた。その状態とその後の変化を見てきた米文学研究家による9.11以後のアメリカ文学論。

 テロで倒壊する直前の世界貿易センタービルから飛び降りる男の写真から生まれたJ・S・フォアとドン・デリーロの小説。犯人たちを主人公にして彼らの心中を描こうと試みた文豪アップダイクの短編と長編。元CIA工作員のエンタテインメント作家が、CIAの拷問の非人道性や組織内部の権力争いなどにまで踏み込んだスパイ小説……。多くの作家たちへの直接取材の成果を踏まえた文学ルポだ。(集英社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  5. 5

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  10. 10

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る