フランス革命から無差別テロまで 21世紀は「テロの世紀」か?

公開日: 更新日:

「イスラム国『世界同時テロ』」黒井文太郎著

 ヒズボラやハマスにも取材した軍事ジャーナリストの著者は同時多発テロ後の10年でイスラム・テロは「明らかな低迷」に抑え込まれていたという。それがISの台頭で一気に蘇生した。

 背景はイラク政府軍のスンニ派虐殺とシリア・アサド政権の自国民弾圧。プーチンのロシアは米主導の紛争処理を妨害し、国連安保理で拒否権を乱発。しかし米オバマ大統領は「何もしない罪」を犯した。遅すぎた軍事介入は奏功せず、いまやISブームの便乗組や過激派かぶれの若者が世界の街角をうろつく。

 著者は「今後も、IS関連の大規模なテロは間違いなく起きる」と断言するのだ。(KKベストセラーズ 830円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る