「最高殊勲夫人」源氏鶏太著

公開日:  更新日:

 5年前、三原商事に入社し社長秘書となった野々宮家の長女・桃子は、当時、営業部長だった三原家の跡取り息子・一郎と結婚。桃子に代わって社長秘書になった妹の梨子も、一郎の弟・次郎と結婚する。その間、先代が急逝したため一郎は社長に就任。野々宮家の三女で21歳の杏子は、社長夫人になった桃子が、自分と三原家の三男・三郎を結婚させようと企んでいることに気づく。姉の思惑通りに結婚したくない杏子は、別の会社で働く三郎から勤務先の社長令嬢との結婚話が持ち上がっていると聞き安堵。つい見えを張って自分にも恋人がいると言ってしまう。2人は桃子の計画を阻止しようと口裏を合わせて行動するが……。

 昭和34年に刊行された王道ラブコメディー。(筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る