「最高殊勲夫人」源氏鶏太著

公開日: 更新日:

 5年前、三原商事に入社し社長秘書となった野々宮家の長女・桃子は、当時、営業部長だった三原家の跡取り息子・一郎と結婚。桃子に代わって社長秘書になった妹の梨子も、一郎の弟・次郎と結婚する。その間、先代が急逝したため一郎は社長に就任。野々宮家の三女で21歳の杏子は、社長夫人になった桃子が、自分と三原家の三男・三郎を結婚させようと企んでいることに気づく。姉の思惑通りに結婚したくない杏子は、別の会社で働く三郎から勤務先の社長令嬢との結婚話が持ち上がっていると聞き安堵。つい見えを張って自分にも恋人がいると言ってしまう。2人は桃子の計画を阻止しようと口裏を合わせて行動するが……。

 昭和34年に刊行された王道ラブコメディー。(筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る